MENU

自社のスマホ対応ホームページの内部対策②SEOを意識した文書

SEOを意識した文書の書き方


 
内部対策②
 
 
文章を書くときの注意点
 




<注意点>

①1ページ1目標キーワード
②目標のキーワードの出現頻度は自然に(5%~7%)
③関連キーワードも盛り込む
 
以上の点に注意しながらHTMLを正しく配置していきましょう。
 
個別にポイントを整理しますと
 


<ページのタイトルについて>

 
ルール①
同じタイトルは作らない
 
ルール②
タイトルには必ず目標キーワードを入れる
(できるだけ前方に)
 
ルール③
キーワードを詰め込まない
 
ルール④
できるだけ28文字近くにまとめる(28文字以内)
 
ルール⑤
内容に関係なものは書かない
 


<ディスクリプション>

 
ページの要約です。
サイトには表示されませんが、
検索結果の説明文にでてくるものです。
 
ルール①
サイトの中で固有にする
 
ルール②
クリックしたくなる文章
 
ルール③
120文字以内(スマホを意識されるのなら50文字以内)
 
 

<見出しタグ>

h1タグ
サイトの中で固有にする
使用できるのは基本的に1ページに1個
 
h2~h6タグ
1ページに複数回使える
ただし、順番に使う
 
 
 

<リンクタグ>

別のページにリンクを飛ばすときに使うものです。
aタグと言われるもの
リンク先ページで目標としてるキーワードを上手く入れる
 
「詳しくはこちら」などはできるだけ使わない
「〇〇について」などにする
 
またリンクについて一つ気をつけて欲しいことがあります。
 
リンク=人気投票数と考えて下さい。
 
人気投票が多ければ良いサイトとみなされるので
 
SEOでは被リンクを増やすことが推奨されていました。
 
ただこの投票をリンク先にあげると
 
自分の人気投票が1票減ることになります。
 
これを回避するために
 
必ずタグの中にnofollowという記述を入れます。
 
これにより1票を減らすことなくリンクを貼ることができます。
 
以上、最低限これくらいは意識して文章を書いてくださいね。


この記事の関連記事

今回はマーケティングを再認識していきます。     マーケティングの歴史的は1902年にアメリカのミシガン大学で   発表された論文が始まりと言われています。   それまでは   Trade,Commersと言った概念しかなかった

集客を成功させるにはステップがあります。   1、正しい考え方、心構え、マインドセットを持つ   2、スキル(ノウハウ)を習得する。     結果を出すにはマインドセットが土台になります。   土台がしっかりしていないと  

ブログを更新していけば必然的にページ数が増えていきます。   この時、カテゴリー分けをしていないと   ユーザー(読み手)に対し不親切であると同時に、   サイトからの離脱を早めてしまいます。   ブログにアクセスしてきてくれたユー


最新記事

無料相談のお知らせ

毎月3名様限定

WEBサイト無料診断を実施中

お気軽にお問い合わせください!

サロン集客サポーターブログ

WEB集客やマーケティングなど

役立つ情報を発信してまいります!

WEBコンサルタント
内藤弘道

電話番号

090ー8313ー4386

所在地

〒253ー0043
神奈川県茅ヶ崎市元町9−29

オリジナル集客スマホアプリ

月々たった1万円でリピーターが増えるスマホアプリを作りませんか

湘南茅ヶ崎、スマホ対応ホームページ制作・サロン集客マスターブログ

© 2019 サロン集客サポートオフィス All rights reserved.