MENU

ビジネスは〇〇を提供すること

ビジネスは価値を提供すること。

 

すなわち、価値のある商品、価値のある情報、


価値のあるサービスを提供することにより


クライアントは価値が得られます。


それでは価値は何よって決まるか(左右されるか)?


価値は情報によって左右されます。


ですので、情報をしっかり伝えてください。




人間の心理として、


人は知れば知るほどそのもの(サービス)が好きになります。


心理学者ザイオンス(米国人)が


大学生を対象に、顔写真を目にする回数と、


その顔写真の本人に対する感情を調べた実験があります。


実験の結果から目にする回数が多いほど、


好意を持つという傾向が導き出されています。


実験者の名前から、こうした単純な接触が


感情に影響を与えることを、「ザイオンス効果」


または「ザイオンスの熟知性の法則」と言われています。


ということは情報は出していけばいくほど


価値が高まることになりますが、


実は情報には伝える順番があるのです。


これを間違えると相手の心にその情報が刺さりません。






動画コンテンツTEDで紹介されているサイモン・シネックの


Golden Circleという考え方をご存知でしょうか。


サイモン・シネックによると、


普通の人はゴールデンサークルの


外側から内側に向けて考えると言います。

 



WHAT



HOW



WHY



しかし優れたリーダーは逆で、

 



WHY



HOW



WHAT




の順で考え、伝えます。


例えばスティーヴ・ジョブスの話で、


もしアップルがiPhoneとかMacをWhatから入った伝え方をすると、


★我々のコンピュータは素晴らしく、


★美しいデザインで簡単に使え、


★親しみやすい商品です


→ひとつ買いませんか?


これを逆にWhy⇒How⇒Whatで伝えると次のようになります。


★我々のすることはすべて 世界を変えるという信念で行っています。

 

違う考え方(Think Different)に価値があると信じています


★私たちが世界を変える手段は、


美しくデザインされ簡単に使え、親しみやすい製品です。


★こうして素晴らしいコンピュータができあがりました。


→ひとつ買いませんか?

 



と言うようになります。


どちらが心に刺さりますか?


後者ですよね。




このように情報提供することにより、相手(クライアント)に


●理念が伝わる。


●選択基準を教えられる。


●価値が伝わる。


●価格の理由がわかる。


●関係性ができる。


などのメリットも得られます。

 

この記事の関連記事

目標設定をすると情報が集まって来ます。   人間の脳は願望を持つと   無意識に情報を収集しようとしてくれます。     車が欲しいければ   街に走っている車に目がいきます。   新しいカメラが欲しければ   人が持って

ビジネスモデルの問題   そもそもビジネスモデルが悪いと   どんなに頑張っても売れません。   あなたのビジネスが継続できるか検証してみてください。       価格が安すぎる   競争激化により価格を下げないと成り立たな

Twitterは140文字しか1投稿に記述できません。   ということもあり、リンクを貼る時も   URLを短縮した方が良いです。   URLは無料で短縮するサービスを   しているサイトがWEB上にあります。   一番代表的な


最新記事

無料相談のお知らせ

毎月3名様限定

WEBサイト無料診断を実施中

お気軽にお問い合わせください!

サロン集客サポーターブログ

WEB集客やマーケティングなど

役立つ情報を発信してまいります!

WEBコンサルタント
内藤弘道

電話番号

090ー8313ー4386

所在地

〒253ー0043
神奈川県茅ヶ崎市元町9−29

オリジナル集客スマホアプリ

月々たった1万円でリピーターが増えるスマホアプリを作りませんか

湘南茅ヶ崎、スマホ対応ホームページ制作・サロン集客マスターブログ

© 2019 サロン集客サポートオフィス All rights reserved.